【ガチオタ厳選】日向坂(元けやき坂)おすすめ楽曲ランキングTOP10【2019年版】

「日向坂のおすすめ曲って何?」

「けやき坂時代の曲も込みで、おすすめの曲を厳選してほしい!」

最近日向坂の魅力を知って、もっと詳しくなりたい!という方に向けて、記事を書きました。

こんにちは、坂道オタクのケイスケです。

けやき坂・日向坂、全曲からおすすめの曲を厳選しつつ、曲に込められた意味やエピソードを紹介していくので、もっと詳しくなってくださいね!

日向坂(元けやき坂)おすすめ楽曲ランキングTOP10

第10位 ときめき草

古くからの友達に、いつしか芽生えてしまった恋心を描いた楽曲。

友達だと思ってた異性のことを「いつから好きだったんだろう?」と過去を想起しながら、彩られた未来を想像する。

この未来へのワクワクした気持ちは、デビューした日向坂の心境と重なってるのかなって思うとすごく感慨深い…。

デビュー曲にときめき草を持ってくる秋元先生、さすがですわ。

第9位 キュン

女の子に惚れて、どんな時も頭の中から大好きなその子が離れない。そんな乙女心を持った男子を描いた楽曲。

この曲は日向坂のデビューシングルかつ、表題曲なだけにすんごい聴く機会が多いから、PPAPレベルで洗脳されてます。笑(キュン キュン キュンどうして〜♪)

日向坂の代名詞とも言える楽曲なので、要チェックです!

第8位 期待していない自分

この曲は日向坂にとって、下積み時代(けやき坂)の苦労や葛藤が描かれている楽曲です。

特にけやき坂1期生。

ねるがけやき坂との兼任を解除すると同時に、2期生(小坂菜緒など)のメンバー募集が決まったのですが、その時の1期生の心情はネガティブなものだったみたい。

「ねるがいなくなったタイミングでメンバー召集するということは、私たちだけでは物足りないってこと?」

「もしかして、私たちは期待されてないの?」

このような葛藤を乗り越えての今(日向坂)があるので、この曲は日向坂にとっても、ぼくたちファンにとっても欠かせない曲です。

第7位 誰よりも高く跳べ!

「誰よりも高く跳べ!」は、けやき坂時代のグループを象徴する代表曲。

乃木坂が「制服のマネキン」、欅坂が「サイレントマジョリティー」なら、けやき坂は「誰よりも高く跳べ!」だよねと言えるくらい、ファンの間では人気の曲です。

ライブでもめちゃくちゃ盛り上がって、コールが最高に楽しいですよ!(一度はライブに行ってほしいな…。)

第6位 ひらがなで恋したい

「スターラブレイション」で有名なケラケラって知ってますか?

これこれ。

この曲を作詞作曲した、ふるっぺさんが「ひらがなで恋したい」の作曲を担当してるんです。

イントロからもう最高すぎる。

これはぼくが個人的にめちゃくちゃ好きな曲なんですけど、ぜひ聞いてほしいです! 

第5位 耳に落ちる涙

加藤史帆にとって、初のセンター曲。

グループの中で歌姫といえば、齊藤京子・佐々木美玲・加藤史帆あたりになってくるんですけど、その中でも加藤史帆の歌声が頭一つ抜けてる(とぼくは思ってます。)

加藤史帆は出だしからソロで歌ってるので、ぜひ聞いてその歌唱力を確かめてみてください。

聞けばわかってもらえるはず。(いや、わかって。)

第4位 NO WAR in the future

2期生加入後、けやき坂全員で歌った曲です。

先ほど「期待していない自分」のところで言ったように、最初1期生は2期生の加入に対して、ネガティブな感情を抱いていたんです。

そんなメンバーに対して、秋元康が「敵対心を持つのではなく、手を取り合って、困難を乗り越えていってほしい。」

というメッセージを込めたのかなって思います。(あくまで推測)

「誰よりも高く跳べ!」と並ぶ、日向坂(けやき坂)の二大コールナンバーです。

第3位 JOYFUL LOVE

服のサブスクリプションサービス「メチャカリ」のタイアップ曲。

一見、異性を思う恋愛ソングかなって思ったんですけど、実はメンバー同士を思いやる歌なのかなって。グループとして達観した感じ。

最初は、2期生の加入で戸惑った1期生が、2期生と手を取り合って下積み(けやき坂)時代を乗り越えて、今は言葉に出さずともすべてを分かり合える関係。

「期待していない自分」→「NO WAR in the future」→「JOYFUL LOVE」という流れで聞くと、グループの物語が見えてきて、すごく面白いかもしれません。

第2位 線香花火が消えるまで

富田鈴花・松田好花・金村美玖のユニット曲です。

この曲は初披露が全国ツアーだったんですけど、それまでの曲はいつも通りみんなコールしてたんです。

「イェイ!」みたいな感じで。

けれど、この曲のイントロが流れて、メンバーが歌い出すとみんなコールをやめて、口を開けたまま聴き入ってました。

「なにこれ。神曲じゃん。」

会場にいた人全員が同じことを思ったと思うし、ぼくも聞いてて、鳥肌が立ちました。(ゾワゾワっ)

ユニット曲なのに、表題曲と並ぶくらい人気の曲です。

第1位 沈黙した恋人よ

最後に紹介する「沈黙した恋人よ」は、日向坂(けやき坂)の曲の中でぶっちぎりにおすすめしたい曲です。

「りまちゃんちっく」というユニットが歌っていて、メンバーは、加藤史帆・齊藤京子・佐々木久美・高本彩花・潮紗理菜の5人。

曲のメロディー・メンバーの歌声・歌詞のすべてにおいて、これ以上ないってくらい名曲なんです。

この記事を読んで、「沈黙した恋人よ」だけでも聞いてもらえたら、ぼくは大満足です。

坂道ファンによく読まれる記事

【戦略】乃木坂46がAKB48よりも人気な理由【ヒント:顔だけじゃないです】

2018年10月6日

【表題曲以外】欅坂46のおすすめ曲Best10【初期からのファンが教えます】

2018年9月30日